二次被害の火災

グラフ

地震で起きる二次災害

地震が起きてからしばらくすると、地震ではなく別の災害が起きます。その災害として火災が大きく取り上げられていますが、避難の妨げにもなってしまう火災はなぜ起きてしまうのか考えてみましょう。

地震直後に起こる火災の原因

地震直後は大勢が自分の身を守るために避難を行います。避難の際、自宅から安全な場所に逃げるために慌てて出て行く方が多いでしょう。これは当然の行動と言えますが、ガスの元栓が締まっていないことが原因で火災が発生してしまうのです。

地震火災の本当の怖さとは

地震直後、ガスが原因で様々な場所で火災が起きてしまうケースがあります。地震火災は次々と家屋や建物に火が移ってしまうことで退路を絶たれるだけでなく、一酸化炭素などの煙で中毒を起こしてしまう可能性もあるのです。

地震火災を食い止めるために行う事

地震火災は少なからず起こってしまいます。しかし、規模を最小限に抑えることは可能なのです。個人個人が日頃から使っていない時にガスの元栓を締めたり、必要のないコンセントは抜いておいたりするだけでも効果はあるのです。今からでもいいので、点検をしてこれらを実践していきましょう。

地震が起きる前の対策・起きた後の行動

地震が起きる前には常に避難用品を準備しておくようにしましょう。また地震予想サイトを利用したり、シミュレーションを行ったりすることも大事です。仮に地震が起きてしまった場合でも、必ず1人で行動せず誰かと一緒に行動するようにしましょう。

広告募集中