地震の備え

日本

どんな状況でも地震は起こりうる

地震は常に人間の生活に潜んでいます。夜寝ている時、トイレに入っている時、会社に向かっている時、そんな最中に大きな揺れが起きてしまうことも予想されるのです。そういった場合に冷静な判断が出来るよう、地震に対しての知識を身につけなくてはならないのです。

早めの行動を取るためには

万が一、地震が発生してしまった場合はどんなに地震の知識を身につけていても実際の地震に驚いてしまうでしょう。しかし、地震に関する知識を持っておけば驚いてもすぐに状況を判断することができ、次の行動に移すことが出来るようになるのです。

自宅や会社に防災グッズを置く

地震が起きてしまった場合は避難時にアレコレ準備している時間などありません。そのため、事前に地震対策用品や防災グッズを自宅の目立つ所に置いたり、会社のデスク下に設置したりすることで身を守れる確率が大きく上がります。

事前に耐震を施しておく

家や建物を建てる際は、耐震の施工を施さなければなりません。しかし、家屋内にも耐震として倒れる可能性のある物にはグラつき防止のマットを引いたり、窓ガラスが割れて散乱しないようにフィルムを貼ったりしましょう。そうすることで、少しでも被害を抑えることができます。

地域の災害マニュアルを確認する

地域ごとに地形や交通機関は異なります。そのため、地震が起きてしまった場合の対策も地域によって変わってくるので、事前に災害マニュアルに目を通すようにしましょう。地震だけでなく、津波や火災に関しての対策も確認することが可能です。

地震に関する豆知識の紹介

地震が起きて火災が発生した場合には、火災の煙によって大雨が降ってしまう可能性があります。雨は視界を悪くするだけでなく、体温も奪ってしまうので防災グッズにレインコートやカイロを入れておくのも効果的とされています。

広告募集中