地震予想サイトを使う

グラフ

地震予想サイトで出来る事とは

地震予想サイトでは、全国から集められた地震に関する情報を調べることが出来ます。また、実際に地震が起きた場合にも伝言板として活用する事が出来るので家族や身内、友人などとサイトを共有しておくといいでしょう。

事前に地震の情報を知っておくと

日頃から地震予想サイトを利用して情報を知っておくことで地震の対策を行うことが出来ます。前もって地震対策を行っていれば、万が一発生した場合でも被害を最小限に抑えることが出来るでしょう。

情報サイトだけを利用しない

インターネットですぐに情報を共有出来る現在では、様々な情報が転がっています。地震に関する情報もいくつもありますが、しっかりとした情報を得るためにインターネットだけでなくラジオなどの情報も利用するといいですね。

避難経路・避難所の確認をする

万が一地震が発生してしまうと、普段利用していた地震予想サイトが一時的に使用できない可能性があります。そのため自分の地域の避難所がどこにあるのか、避難経路はどうするのかをあらかじめ決めておきましょう。

災害用の伝言掲示板の注意

地震予想サイトでも、緊急時に利用される災害用の伝言掲示板が存在しています。この掲示板は自分の安否を知らせたり、待ち合わせ場所を知らせたりするための掲示板になっているので曖昧な情報やデマは投稿しないようにしましょう。

地震が起きている最中の行動

地震が起きている最中、大きな揺れなら動くことすらままなりません。外であれば鞄やリュックで頭を守り、転倒防止のために身を屈めましょう。少しずつ揺れが収まれば避難経路に沿って周囲に気をつけながら避難して下さい。

地震が起きた時に行うべき行動

家具や建物の倒壊に気をつける

地震の規模にもよりますが、揺れが収まるまではテーブルや出来るだけ建物や家具の少ない場所で身を低くして待ち、ベッドの上で身動きが取れないほど大きな揺れの場合なら枕や布団で体を守って揺れが収まるまで待ちましょう。

ライフラインの確保を優先に

地震後は避難することを優先にしなければいけませんが、もし少しでも動ける状態であれば湯船に水を溜めましょう。地震後は水道、ガス、電気が利用できないことが多いのでなるべく自分自身でそれらを確保しなくいてはなりません。

怪我・感染症を防ぐために

地震が起きると、様々な場所で物が倒れていたり壊れていたりと物が散乱しています。ガラスの破片などで怪我をしてしまうとそこから菌に感染するケースもあるので、靴下でもいいのですぐに履きましょう。

余震が起きる前に退路の確保を

大きな地震では余震といって何分おき、何十分おきに更なる揺れが起きます。建物内部にいる場合は、余震で出口を塞がれてしまう前に退路を確保しておきましょう。また、自宅なら避難時にブレーカーを落とすことで火災防止が出来ます。

自分の安否を知らせるために

いち早く家族や知り合いに自分の安否を知らせるのであれば、電話よりもメールなどを利用する方がいいです。電話の場合は、回線が混雑して繋がらないケースが多いのですが、メールはネットで保管されるので時間が掛かっても届くことが多いのです。

広告募集中